サイト開設いたしました!

【2023年】広島東洋カープの開幕スタメン/投手ローテーション徹底予想!

広島 開幕スタメン予想 2023

2022年シーズンが終わり、2023年シーズンに向けての準備期間に入りました。

そこで本記事では、各球団の開幕スタメン/先発ローテーションを予想してみました。

ジャイアンツの開幕スタメンや、2023年のポイントとなる部分が気になる方は是非記事をご覧ください。

12球団それぞれでまとめているため、是非他の記事もご覧ください!

目次

2023年の広島カープの開幕スタメン予想!

2023年 広島カープ 予想スタメン
選手名打率本塁打
1番野間峻祥.3120
2番菊池涼介.2626
3番秋山翔吾.2655
4番マクブルーム.27217
5番デビッドソン
6番西川龍馬.31510
7番小園海斗.2667
8番會澤翼.2073
9番森下暢仁

昨シーズン途中加入した秋山選手や、新外国人のデビッドソン選手に注目です。

また、昨シーズンに頭角を現した小園選手を始め、林選手や坂倉選手などの控えも充実しています。

2023年も若いメンバー中心の開幕スタメンになりそうですが、また広島の黄金期が来そうな将来性を期待させてくれる選手たちですね。

投手ローテーション予想

投手防御率
大瀬良大地4.7289
森下暢仁3.17108
遠藤淳志3.5947
九里亜蓮3.3369
床田寛樹2.8486
玉村昇悟3.9222
野村祐輔5.2323
アンダーソン3.6034
大道温貴6.7501
益田武尚
2022年シーズン

防御率2.84の床田選手がカープ内では最優秀防御率でした。また、二桁勝利も森下投手のみになります。

投手としての実力が劣っているわけではない(三連覇を経験したメンバーも在籍)だけに、昨シーズンは満足のいく結果ではない投手が大半だと思います。

先発陣に力がないわけではないため、23年シーズンは期待しております!

2022年の広島カープの振り返り

攻撃陣

選手名打率打数安打本塁打打点OPS
坂倉将吾.2885391551668.773
菊池涼介.262462121645.659
小園海斗.266473126738.662
マクブルーム.2724481221774.794

2022年シーズンでは、4名の打者が規定打席に到達しました。若手でショートを守る小園選手が規定打席に到達したことは、将来の広島にとっても大きな収穫となりました。

一方で、OPSが.800を超えた打者は規定打席以下の西川選手のみとなります。丸選手やエルドレッド選手などがいた頃の著打力をもった打者が出てくるかがポイントとなります。

投手陣

選手名防御率勝利敗北勝率投球回奪三振
森下暢仁3.17108.556178.2133
九里亜蓮3.3369.400140.1121
大瀬良大地4.7289.471135.197
床田寛樹2.8486.571114.074
遠藤淳志3.5947.364105.178

広島の投手陣で規定投球回に達したのは森下投手のみです。

一方で、上記5名は年間通してローテーションを回したイメージがあります。その状態を2023年にも継続しつつ、長い投球回を投げることができれば、先発陣は安定するでしょう。

一方で、9回は栗林投手だと仮定しても、7.8回が不安定(22シーズンは森浦投手、矢崎投手)なイメージがあります。投手陣全体としての課題は残るシーズンとなりました。

守備陣

ポジションUZR
全体-1.8
投手-0.8
捕手-5.6
一塁手-11.3
二塁手4.4
三塁手-7.1
遊撃手-1,5
左翼手0.0
中堅手-6.3
右翼手11.9

UZR(Ultimate Zone Rating)とは、同じ守備機会を同じ守備位置の平均的な野手が守る場合に比べて、どれだけ失点を防いだかを表す守備の評価指標

他球団と比較して「平均」がレフトのみになります。

ポジションごとに守備力がはっきり分かれているため、まずはマイナス差を減らす必要があるでしょう。特に一塁手、三塁手の底上げが課題かなと感じました。

【2023年】広島カープの注目ポイント

外国人選手

各球団、計算できる外国人選手の補強に苦労しています。

しかし、広島の場合はシーズンを通して成績を残したマクブルーム選手や後半戦に活躍したアンダーソン投手など、そこそこ計算できる選手が再契約しております。

個人的に、2年前のヤクルトオスナ選手、サンタナ選手が見せた成績のような印象を受けています。オスナ選手、サンタナ選手は2年目に大きな活躍を見せたということもり、広島の両選手にも期待しています。

右打者の育成

右打者菊池、堂林、中村、磯村、上本、高橋
左打者西川、野間、坂倉、小園、林、宇草
※敬称略

広島の選手をみたときに、圧倒的に右打者が劣ります。鈴木誠也選手がメジャーに旅立ち、菊池選手もベテランの域に入ってきております。

そんななか、将来の右打者候補が育っていない広島の現状です。

デビットソン選手(右打ち)の補強は、上記の現状も踏まえても適切と言えるでしょう

盗塁数

2022年の広島の盗塁数は「26個」になります。

これは、阪神の近本選手の30個を下回り、当然ながらTOP10に入る選手は一人もいませんでした。

野間選手や大森選手など、足を使えそうな選手が多いだけに、走塁力が課題なのは以外と思われる方が多いと思います。機動力は攻撃のバリュエーションを大幅に増加させるため、23年は積極的な走塁を期待します。

阪神タイガースの開幕予想スタメンまとめ

選手名
1番野間峻祥
2番菊池涼介
3番秋山翔吾
4番マクブルーム
5番デビッドソン
6番西川龍馬
7番小園海斗
8番會澤翼
9番森下暢仁

右打者の課題や走塁力の課題など、どこまで22年から修正できるかが23年シーズンのカギとなりそうです。

先発5枚の次の投手がまだまだ頭角を表してはいませんが、玉村投手や野村投手の復活に期待しています。

23年も若手中心のメンバーでスタメンが組まれることが増える気がします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次