【2024年】中日の開幕スタメン/ローテーション予想を紹介!

中日ドラゴンズ 2024年 開幕スタメン予想

2023年シーズンが終わり、オフシーズンに入りました。ドラフト会議やFAといった戦力補強が活発に行われる中、各球団の来季戦略が多くの方から予想されております。

当サイトでも、2024年のオーダー予想、そしてローテーション予想をまとめました。この記事をご覧いただくあなたと同じ1野球ファンの意見としてご参考いただけますと幸いです。

【DAZN契約するなら、moppy経由で!】
基本的にプロ野球をはじめとしたスポーツ観戦はDAZNで事足りますが、契約の際はmoppy経由で行いましょう!そのまま契約しては正直「損」です!
>>https://pc.moppy.jp/
上記リンクからmoppy登録するだけで、プラスで500円もらえるため、是非!

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
目次

2024年の中日ドラゴンズの開幕スタメン予想!

中日 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番岡林勇希0.2793
2番上林誠知0.1850
3番細川成也0.25324
4番石川昂弥0.24213
5番カリステ0.2335
6番中田翔0.25515
7番木下拓哉0.2375
8番田中幹也
9番小笠原慎之介

23年シーズンは「貧打」がネタにされてしまうことが目立ちました。球場が広く、投手有利とされるバンテリンドームを本拠地に構えるため、本塁打数が少なくなってしまうと言われがちですが、ドラゴンズ黄金期はウッズや和田など、本塁打がたくさん出ていました。

そのため、球場要因ではないと私は思っています。

そんな課題を解決するべく、巨人から中田選手を獲得。そして勝負強い中島選手も獲得するなど、今オフは積極的に選手獲得を行いました。ソフトバンクから加入してきた上林選手が岡林選手との1,2番でハマれば阪神の近本中野の1.2番コンビと並ぶ脅威になるでしょう。

ローテーション予想

選手名防御率
小笠原慎之介3.59712
柳裕也2.44411
髙橋宏斗2.53711
涌井秀章3.97513
松葉貴大3.2814
大野雄大0.0001

23年シーズンはケガの影響で思った通りの活躍ができなかった大野雄大が戻ってくれば、セ・リーグではトップクラスの先発投手陣となるでしょう。涌井、松葉といった5枚目/6枚目がどれだけ安定したピッチングができるかがキーとなりそうです。

涌井投手は13敗していますが、それだけ試合を作れることを表しています。やはり中日のカギは打力にかかっているでしょう。

絶対的抑えのマルティネス選手も健在です!

2023年の中日ドラゴンズの振り返り

来シーズンを迎えるにあたって、まずは23年の中日ドラゴンズについて総括いたします。個人的に考えるピックアップ項目についてまとめました。

ヤクルトとの最下位争い

2023年のシーズンは、中日ドラゴンズにとって厳しい一年となりました。ヤクルトとの熾烈な最下位争いの末、わずかな差で敗れてしまったのです。シーズンを通じて多くの困難に直面し、外国人選手の問題もその一つでした。不運が重なり、最終的には悪い流れのままシーズンを終えることとなりました。

ちなみに、23年外国人選手登録のビシエド選手は24年から日本人として登録できます。

投手陣の安定

中日ドラゴンズの投手陣は、2023年シーズンを通して非常によく頑張りました。チームの困難な状況にも関わらず、彼らはその責任を負うべきではありません。

このため、チームは投手たちの年棒を下げないという方針を維持すべきです。一方で、これまでと同じ課題が繰り返されないよう、改善策の検討が急務です。オフの際も、中日の中心選手の「保留」が相次ぎました。球団として先発投手陣には誠意を見せるべきでしょう。

若手野手の起用

細川、石川、宇佐美、龍空、鵜飼といった来季に繋がる野手たちも中日ドラゴンズには揃っています。これらの選手たちの成長は、チームの明るい未来を示しています。

しかし、チームの更なる強化のためには、外国人スカウトの真価と選手環境の維持が鍵となります。これからのシーズンでチームがどのような動きを見せるか、その成功はスカウトの能力と選手たちの環境に大きく依存しているような現状です。

また、個人的に龍空のカット打法は来シーズンはやめてほしいです。ヒットを量産できるだけのポテンシャルはあると思っています。がんばってほしいです。

【2024年】中日ドラゴンズの注目ポイント

2024年の中日ドラゴンズのオーダーを予想するうえでキーとなったポイントをご紹介します。

中日:中田翔

巨人からの自由契約後、経験豊富な内野手中田翔選手(34)が新たな道を選び、中日ドラゴンズでのプレーを決意しました。東京都内で行われた立浪和義監督(54)との初交渉を経て、2年契約、推定年俸3億円、そして背番号6が提示された中田選手は、この熱意あふれるオファーを受け入れました。近日中に中日ドラゴンズへの入団が正式に発表される見込みです。

この移籍は、中日ドラゴンズの打線に重要な変化をもたらすでしょう。特に、昨年OPS0.700を超えた選手が細川選手のみだったチームにとって、中田選手の加入は攻撃力の向上を意味します。さらに、既存の選手、特にビシエド選手との兼ね合いも注目されています。中田翔選手の獲得は、中日ドラゴンズの打線に厚みをもたらし、チーム全体のパフォーマンス向上に寄与することが期待されます。

ビシエド選手の日本人登録

来季より、中日ドラゴンズのビシエド選手が日本人選手として登録されることが決定しました。この変更は、チーム構成と戦略に大きな影響を与えることになります。

ビシエド選手の新しいステータスにより、中日ドラゴンズはライデル・マルティネス、アレン・フェリス、メヒア、カリステ、あるいは新たな外国人選手を、同時に一軍で起用することが可能になります。

セカンド:田中幹也

2023年のオープン戦で素晴らしいパフォーマンスを披露した田中選手ですが、シーズン序盤に残念ながら重傷を負いました。この怪我により、残念ながら2023年の公式戦での彼の出場はなく、チームとファンにとって大きな痛手となりました。特に心配されているのは、彼の怪我の部位である肩の脱臼です。

田中選手の回復と再起への道のりは困難を極める可能性がありますが、チームは来季、彼をセカンドベースで起用することを検討しています。

このポジション変更は、田中選手の適応能力を試すとともに、彼のキャリアに新たな章を開く可能性を秘めています。彼の復帰は、チームの攻撃力強化に大きく貢献すると期待されています。

2024年の中日ドラゴンズの開幕スタメン/ローテーション予想まとめ

中日 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番岡林勇希0.2793
2番上林誠知0.1850
3番細川成也0.25324
4番石川昂弥0.24213
5番カリステ0.2335
6番中田翔0.25515
7番木下拓哉0.2375
8番田中幹也
9番小笠原慎之介
オーダー予想
選手名防御率
小笠原慎之介3.59712
柳裕也2.44411
髙橋宏斗2.53711
涌井秀章3.97513
松葉貴大3.2814
大野雄大0.0001
ローテーション予想

運営者情報

運営者

運営者
元高校球児、巨人ファン

小中高大と野球部に所属。高校時代は関東優勝を経験。

大学時代には現役として準硬式野球をやりつつ、学生コーチとして県大会優勝、関東大会準優勝を経験。

現在は巨人ファンとして毎年10試合以上は現地観戦。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次