サイト開設いたしました!

【2023年】ジャイアンツ(巨人)の開幕スタメン/ローテーション徹底予想!

巨人 開幕スタメン予想 2023

2022年シーズンが終わり、2023年シーズンに向けての準備期間に入りました。

そこで本記事では、各球団の開幕スタメン/先発ローテーションを予想してみました。

ジャイアンツの開幕スタメンや、2023年のポイントとなるところをまとめました。

12球団それぞれでまとめているため、是非他の記事もご覧ください!

目次

2023年のジャイアンツ(巨人)の開幕スタメン予想!

2023年 読売ジャイアンツ 予想スタメン
選手名打率本塁打
1番吉川 尚輝.2777
2番坂本 勇人.2865
3番丸 佳浩.27227
4番岡本 和真.25230
5番中田 翔.26924
6番長野 久義.2113
7番ウォーカー.27123
8番大城 卓三.26613
9番菅野 智之

長年の巨人ファンということもありますが、6番に願いを込めて長野選手を予想しました。

成績重視でいくと、増田選手や松原選手、重信選手が順当です。また、ドラフトで獲得した浅野選手や萩尾選手も可能性としては0ではないでしょう。

全体的に年齢層が高くなってきた巨人。坂本選手や丸選手の後を継ぐような若手が必要です。

投手ローテーション予想

投手防御率
戸郷 翔征2,62128
菅野 智之3.12107
タイラー・ビーディ
山﨑 伊織3.1455
赤星 優志4.0455
堀田 賢慎6.2923
井上 温大6.0011
髙橋 優貴5.4015
山田 龍聖
今村 信貴3.5722
直江 大輔3.3811
2022年シーズン

崩壊寸前。そんな先発陣の状態でいるのが巨人です。戸郷投手菅野投手の2名しか計算できる投手は残りません。そのため、メルセデスの退団は本当にびっくりしました。

田中投手や船迫投手の2名をドラフトで獲得しましたが、開幕ローテーションの見込みは薄いです。

一方で、山崎投手、赤星投手、直江投手、井上投手といった次世代を担う投手が1軍のマウンドを少なからず経験することができた2022年シーズンは各人にとって大きいと思います。

後半戦に入って復調をみせた山崎投手には私もかなり期待を寄せています。この若手投手陣が頭角を現すシーズンとなれば、巨人先発陣は一気に飽和するかもしれません。

2022年の読売ジャイアンツ(巨人)の振り返り

攻撃陣

選手名打率打数安打本塁打打点OPS
丸 佳浩.2725251432765.859
岡本 和真.2525201313082.805
吉川 尚輝.277516143731.708
ポランコ.2404381052458.762

規定打席には、上記の4選手が到達しました。ポランコ選手は、あの守備さえなければ退団することもなかったでしょう。打撃面では大活躍とまではいかなくても、そこそこやってくれました。

また、怪我が目立つ吉川選手がまたシーズンを戦い抜いたことも、良かったです。

長年、課題と言われていたセカンドのポジションは吉川選手で埋まった感じがありますね。

投手陣

選手名防御率勝利敗北勝率投球回奪三振
戸郷 翔征2.62128.600171.2154
菅野 智之3.12107.588147.0104
メルセデス3.1857.417110.174
山﨑 伊織3.1455.50097.155
シューメーカー4.2548.33395.165
赤星 優志4.0455.50078.052

規定投球回の半分に到達した投手陣は6名だけです。やはり先発陣の駒不足が目立ちます。

この投手陣の結果を踏まえても、メルセデス投手にはもう1年ジャイアンツでプレーしてほしかったですね。

23年シーズンは開幕前にWBCがあります。戸郷選手の疲労も考慮すると、さらに2,3枚の先発投手を準備できないと、シーズンを戦い抜けるだけの投手が揃わない課題があります。

守備陣

ポジションUZR
全体-1.4
投手1.0
捕手-0.1
一塁手0.4
二塁手7.5
三塁手-1.5
遊撃手0.2
左翼手-4.4
中堅手-9.2
右翼手-6.8

UZR(Ultimate Zone Rating)とは、同じ守備機会を同じ守備位置の平均的な野手が守る場合に比べて、どれだけ失点を防いだかを表す守備の評価指標

外野手のUZRはすべてマイナスを記録し、内野手もセカンドの吉川選手以外は突出していません。

失策はリーグワースト2位の「82」を記録しました。これまで守備の要として活躍していた坂本選手のUZRも衰えが見え始めています。

後継ぎとして期待される中山選手がどこまで23年シーズンにショートで絡めるかもカギとなるでしょう。

【2023年】読売ジャイアンツ(巨人)の注目ポイント

守備(失策)

昨シーズンはリーグワースト2位のエラー数を記録しました。また、レフト、ライトの助っ人外国人の守備力は他球団と比較してもかなり低い状態だったと思います。

失策としては記録されないエラーも昨シーズンはかなり目立ち、その小さなミスが失点につながっていたと思います。

23年シーズンでは外国人の守備力を始め、失策数を減らさないと優勝は厳しいでしょう。

残留となったウォーカー選手がオフでどれだけ守備を鍛えることができるのか注目です

投手力

先発陣の駒不足(菅野投手、戸郷投手、山崎投手しか計算しづらい)や、中継ぎ陣の崩壊(中川投手の戦線離脱)などで22年シーズンは投壊する試合が多くありました。

その分、より多くの投手に1軍を経験させてあげられていることは良いことですが、現状の投手陣では日本一には届かないんじゃないかと推察します。

新外国人

8人の外国人が退団しました。新外国人の補強がされるかと思いますが、その外国人がどれだけ日本野球にフィットすることができるのかが大きなポイントでしょう。

万が一、日本野球にフィットできずに、新外国人の活躍が見込まれない場合は、2年連続Bクラスに落ち込んでしまう可能性も充分にあると言えます。

読売ジャイアンツ(巨人)の開幕予想スタメンまとめ

選手名
1番吉川 尚輝
2番坂本 勇人
3番丸 佳浩
4番岡本 和真
5番中田 翔
6番長野 久義
7番ウォーカー
8番大城 卓三
9番菅野 智之

1巨人ファンとして期待を込めたスタメン予想です。ライトのポジションに誰が付くかは非常にポイントでしょう。

また、8外国人が退団したジャイアンツ。新外国人がどれだけ日本の野球に対応できるかも注目です。また、抑えとして計算されている大勢投手はWBCの疲労なども考慮する必要があります。

決して中継ぎ投手の層が厚いわけではないため、投手編成には23年シーズンも苦労しそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次