サイト開設いたしました!

【2023年】西武ライオンズの開幕スタメン/投手ローテーション徹底予想!

西武 開幕スタメン予想 2023

2022年シーズンが終わり、2023年シーズンに向けての準備期間に入りました。

そこで本記事では、各球団の開幕スタメン/先発ローテーションを予想してみました。

ジャイアンツの開幕スタメンや、2023年のポイントとなるところをまとめました。

12球団それぞれでまとめているため、是非他の記事もご覧ください!

目次

2023年の西武ライオンズの開幕スタメン予想!

西武 開幕スタメン予想 2023
選手名打率本塁打
1番源田 壮亮.2662
2番外崎 修汰.21512
3番ペイトン
4番山川 穂高.26641
5番マキノン
6番呉 念庭.2275
7番愛斗.2439
8番蛭間 拓哉
9番柘植 世那.1731

西武は、オフにチームの柱の一人であった森友哉選手がFAでオリックスに移籍しました。森選手に代わって出場が期待される柘植選手がどこまで活躍できるか、レギュラーに定着できるかは見物です。

また、長年の西武の課題である1番打者を固定できるかにも注目しています。松井稼頭央選手や秋山選手のような絶対的なリードオフマンが出てくれば、得点力はさらに上がるでしょう。

投手ローテーション予想

投手防御率
髙橋 光成2.20128
松本 航3.1976
今井 達也2.4151
隅田 知一郎3.75110
與座 海人2.88107
平良 海馬1.5613
エンス2.94107
佐藤 隼輔4.6034
平井 克典2.8968
青山 美夏人
2022年シーズン

22年シーズンはパ・リーグ1位の防御率を記録しました。昔のチームのイメージから、打力にフォーカスしがちですが、現在のチームは投手力が非常に高い特徴があります。

中継ぎとして大活躍した平良選手が先発に転向しますが、それでも西武の救援陣は防御率1点台を記録した選手が3人中継ぎとして控えます。

21年ドラフト1位の隅田投手など、つぶぞろいな投手陣を要する西武の守備に注目です。

2022年の西武ライオンズの振り返り

攻撃陣

選手名打率打数安打本塁打打点OPS
外崎 修汰.2154781031247.650
山川 穂高.2664481194190.953
オグレディ.213404861546.695
源田 壮亮.266414110217.655
森 友哉.25136692838.718
愛斗.24336689928.635
呉 念庭.22726059528.649
中村 剛也.196276541231.597
栗山 巧.26423963329.686
鈴木 将平.25021253113.600

かつては山賊打線とも恐れられた西武の攻撃陣。しかし、22年シーズンはリーグワーストのチーム打率となりました。総得点数でも日本ハムより1点多い5位と、1位のソフトバンクとは100点近い差を付けられています。

チームの4番である山川選手が本塁打数でがんばったものの、打点は100に届かず。。。

ランナーをためること、出塁をすることといったそもそもの攻撃力に課題を感じるシーズンとなりました。そんななか、打てる捕手「森友哉選手」のFAは西武としてかなり痛いですね。

投手陣

選手名防御率勝利敗北勝率投球回奪三振
髙橋 光成2.20128.600175.2128
松本 航3.1976.538129.2104
エンス2.94107.588122.192
與座 海人2.88107.588115.261
隅田 知一郎3.75110.09181.273
平井 克典2.8968.42981.048

攻撃面でリーグワースト近くの成績を残した一方で、投手陣はリーグナンバー1の結果を残しました。

総失点数は448点と、先発陣の安定が強みである首位のオリックスと比較しても10点下回っています。中継ぎ陣の安定性も高く、守り勝つ野球で3位に食い込みました。

チーム防御率も2.75とパ・リーグトップです。

守備陣

ポジションUZR
全体3.6
投手-0.1
捕手0.4
一塁手3.8
二塁手9.9
三塁手2.8
遊撃手12.5
左翼手4.1
中堅手1.5
右翼手-2.2

UZR(Ultimate Zone Rating)とは、同じ守備機会を同じ守備位置の平均的な野手が守る場合に比べて、どれだけ失点を防いだかを表す守備の評価指標

UZRをみることで、他球団と比較した自チームの課題ポジションを推察できます。

こうしても、西武の守備力は12球団と比較して高いと分析できます。1位のソフトバンクには劣りますが、それでも全体UZRが3.6は非常に高い数字です。

ショートの源田選手の守備力は、パ・リーグチーム最少失点数である大きな要因ですね。

内野の守備力の高さが、投手陣の防御率の低さの1つの要因でしょう!

【2023年】西武ライオンズの注目ポイント

攻撃力

投手陣が安定しているだけに、打撃陣の奮起が欠かせません。

新外国人も獲得しましたが、起爆剤となるのか、日本野球に適応できずに終わるのかは23年シーズンのポイントとなりそうです。また、山川選手の前にどれだけランナーをためることができるのかも鍵ですね。

中村選手や栗山選手といった実績あるベテランに頼らない攻撃的野球を期待します!

彼らを、代打やここぞの場面のジョーカーとして取っておけたら層が一気に厚くなります

先発:平良海馬

23年シーズンより、平良投手が先発に転向します。

中継ぎ、勝利の方程式の一角としてフル稼働していた投手だけに、投手陣をどのように再編成するのか注目です。

  • 先発がハマるのか
  • 勝利の方程式はどうするか
  • 先発がダメだった場合にどうするか など

上記のような、それぞれの状況に応じた判断が必要になります。松井稼頭央新監督の采配に注目ですね。

エースの確立

  • 高橋光成
  • 今井達也
  • 松本航

といった計算できる先発陣がいるなかで、エースを確立させることが重要です。

オリックス優勝、日本一の立役者は?と聞かれた時にエースの「山本由伸投手」を挙げる方が多いように、真のエースの確立が必要でしょう。

上記の課題については、松坂大輔氏も臨時コーチという立場から指摘しております。

阪神タイガースの開幕予想スタメンまとめ

選手名
1番源田 壮亮
2番外崎 修汰
3番ペイトン
4番山川 穂高
5番マキノン
6番呉 念庭
7番愛斗
8番蛭間 拓哉
9番柘植 世那

松井稼頭央新監督による新体制のもと、どのような野球をするのか。

強みである投手力。弱みである打撃力。課題は明確です。守りつ勝つ野球のなかでも、一定の攻撃力をもつことができるのか。そして大事な試合を任せられるエースを確立できるのか。

ポストシーズンで勝つうえでも、1試合のブースト的強さを付けることも23年のテーマとなりそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次