【2024年】阪神の開幕スタメン/ローテーション予想を紹介!

阪神タイガース 2024年 開幕スタメン予想

2023年シーズンが終わり、オフシーズンに入りました。ドラフト会議やFAといった戦力補強が活発に行われる中、各球団の来季戦略が多くの方から予想されております。

当サイトでも、2024年のオーダー予想、そしてローテーション予想をまとめました。この記事をご覧いただくあなたと同じ1野球ファンの意見としてご参考いただけますと幸いです。

【DAZN契約するなら、moppy経由で!】
基本的にプロ野球をはじめとしたスポーツ観戦はDAZNで事足りますが、契約の際はmoppy経由で行いましょう!そのまま契約しては正直「損」です!
>>https://pc.moppy.jp/
上記リンクからmoppy登録するだけで、プラスで500円もらえるため、是非!

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
目次

2024年の阪神タイガース開幕スタメン予想!

阪神 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番近本光司0.2858
2番中野拓夢0.2852
3番森下翔太0.23710
4番大山悠輔0.28819
5番佐藤輝明0.26324
6番ミエセス0.2225
7番坂本誠志郎0.2260
8番木浪聖也0.2671
9番大竹耕太郎

ドラフト会議でも将来性を重視しておりましたし、下記のようにFA戦線にも全く入ってこなかった阪神タイガース。日本一に輝いた戦力は来年も健在でしょう。

そのため、基本的なスタメンは2023年シーズン同様になると考えます。自戦力の中でもキーとなるポジションは両翼と捕手、そして外国人枠としてだれもスタメンにもってくるかでしょう。

主力選手が2023年シーズン通りの活躍を見せれば、他セ・リーグ球団に比べると充実した戦力を揃えていると分析します。

ローテーション予想

選手名防御率
伊藤将司2.39105
村上頌樹1.75106
大竹耕太郎2.26122
才木浩人1.8285
西勇輝3.5785
青柳晃洋4.5786
西純矢3.8652
イズリー

伊藤、村上、大竹。伊藤が22年シーズンの確変で終わらず、23年シーズンも安定したピッチングを見せたこと。そして大竹が貯金を10個も作っているところが優勝に直結しました。

故障が絶えない髙橋投手や新外国人投手の加入も考えると投手戦力も豊富です。

2023年の阪神タイガースの振り返り

来シーズンを迎えるにあたって、まずは23年のタイガースについて総括いたします。個人的に考えるピックアップ項目についてまとめました。

先発投手の安定

22年シーズンの前半戦はなかなか勝利につなげられないながらも、最終的にはAクラスでシーズンを終えた阪神タイガース。2023年はさらなる成長を遂げ、圧倒的な強さを見せつけました。

特に注目すべきは、その得点力と投手陣の強さです。若手の先発投手たち、大竹、村上、才木が躍進を遂げ、チームの勝利に大きく貢献しました。一方で、エースと目されていた青柳や西勇輝は思ったほどの成績を残せませんでしたが、ここもかみ合う可能性を加味すると、来期も優勝候補筆頭です。

個人的には伊藤投手が確変ではなく、23年シーズンも安定した投球をみせたことが大きいと考えています。

岩崎はシーズン途中から抑えに回りながらも、見事セーブ王のタイトルを獲得しました。先発に限らずリリーフ陣の強さも目立ちました

9名の攻撃力

打撃面では、チームは全球団が羨むほどの理想的な攻撃力を発揮しました。どの打者も得点を取る能力を持っており、特に大山選手は78打点を記録しつつも、最優秀出塁率のタイトルを獲得しています。

なかでも近本、中野の1,2番は猛威を奮いました。近本は新人時代から5年連続の盗塁王。それでいて打率も3割近くを残しています。そして中野もセ・リーグ最多安打のタイトルを獲得しました。

四球の査定ポイントをあげることがシーズンが始まる前から話題になりましたが、結果的に12球団最多494個の四球を獲得しました。四球はヒットと同じともよく言われますが、出塁の多さが攻撃力にバフをかけたことは言うまでもありませんね。

名将:岡田彰布監督

シーズンで5番を打つことが多かった佐藤輝はクラッチシチュエーションでの強さを発揮し、シーズン終了時には92打点を記録しました。

これは打点を稼ぐ5番を目指す岡田野球の真骨頂を示すものとなったでしょう。得点力の高さと攻撃の多様性により、相手チームにとって恐るべき存在となっています。優勝を意識しすぎない意味も込めてつけられた「ARE」も良いスローガンになりましたね。

【2024年】阪神タイガースの注目ポイント

2024年の阪神のオーダーを予想するうえでキーとなったポイントをご紹介します。

正捕手

タイガースの戦力分析を深める上で、正捕手の選択に迷いました。現在、梅野選手と坂本誠志郎選手の間で正捕手の座が争われていますが、個人的な見解としては坂本誠志郎選手が正捕手として起用される方が、チームはより安定すると考えられます。

坂本選手の成績は目を見張るものがあります。ブロッキング指標では12球団中2位、セリーグでは1位を記録しています。また、フレーミング指標においても12球団1位、セリーグ1位という卓越した成績を収めています。これらの指標から、彼がどれだけ投手陣を支え、チームの勝利に貢献しているかが明らかです

特に、日本シリーズにおいても彼の影響力は顕著であり、彼のおかげで圧巻の投手成績を収めていると言っても過言ではありません。

両翼と新外国人

センター:近本が目覚ましい成績を収めている点は阪神にとって非常に大きいです。

しかし、その一方で「森下翔太」選手を除き、他の外野手の選択肢は限られています。限られた打席の中で、特筆すべきは「前川右京」「小野寺暖」の両外野手の活躍。そして新外国人選手の存在、これら複数選手のうちだれが両翼を守り、シーズンを通して安定できるかがキーとなるでしょう。

2024年の阪神タイガース開幕スタメン/ローテーション予想まとめ

阪神 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番近本光司0.2858
2番中野拓夢0.2852
3番森下翔太0.23710
4番大山悠輔0.28819
5番佐藤輝明0.26324
6番ミエセス0.2225
7番坂本誠志郎0.2260
8番木浪聖也0.2671
9番大竹耕太郎
オーダー予想
選手名防御率
伊藤将司2.39105
村上頌樹1.75106
大竹耕太郎2.26122
才木浩人1.8285
西勇輝3.5785
青柳晃洋4.5786
西純矢3.8652
イズリー
ローテーション予想

運営者情報

運営者

運営者
元高校球児、巨人ファン

小中高大と野球部に所属。高校時代は関東優勝を経験。

大学時代には現役として準硬式野球をやりつつ、学生コーチとして県大会優勝、関東大会準優勝を経験。

現在は巨人ファンとして毎年10試合以上は現地観戦。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次