【2024年】日本ハムの開幕スタメン/ローテーション予想を紹介!

日本ハム 2024年 開幕スタメン予想

2023年シーズンが終わり、オフシーズンに入りました。ドラフト会議やFAといった戦力補強が活発に行われる中、各球団の来季戦略が多くの方から予想されております。

当サイトでも、2024年のオーダー予想、そしてローテーション予想をまとめました。この記事をご覧いただくあなたと同じ1野球ファンの意見としてご参考いただけますと幸いです。

【DAZN契約するなら、moppy経由で!】
基本的にプロ野球をはじめとしたスポーツ観戦はDAZNで事足りますが、契約の際はmoppy経由で行いましょう!そのまま契約しては正直「損」です!
>>https://pc.moppy.jp/
上記リンクからmoppy登録するだけで、プラスで500円もらえるため、是非!

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
目次

2024年の日本ハムの開幕スタメン予想!

日本ハム 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番五十幡亮汰0.2280
2番松本剛0.2763
3番清宮幸太郎0.24410
4番万波中正0.26525
5番野村佑希0.23613
6番マルティネス0.24615
7番加藤豪将0.2106
8番伏見寅威0.2013
9番上川畑大悟0.2120

若手のメンバーが頭角を現しだした日本ハム。万波が23年シーズン覚醒しましたが、清宮や野村といった甲子園のスターがさらに覚醒することで、より厚みのある打線になるでしょう。

また、五十幡や上川畑といったリードオフマン的な役割を持つ選手がどれだけ打率・出塁率を挙げれるかも重要になってくると予想します。

ローテーション予想

選手防御率
伊藤大海3.46710
上原健太2.7547
北山亘基3.4165
鈴木健矢2.6364
加藤貴之2.8779
細野晴希
山﨑福也3.25115

上沢のメジャー挑戦やポンセの退団といった状況の中、加藤の残留。オリックスから山崎をFAで獲得できたことは球団として非常に大きいでしょう。

新庄監督が開幕投手「伊藤」を公言していますが、エンタメ性だけでなく、「結果」にこだわる年になることを期待しています。

2023年の日本ハムファイターズの振り返り

来シーズンを迎えるにあたって、まずは23年の日本ハムについて総括いたします。個人的に考えるピックアップ項目についてまとめました。

防御率リーグ3位

一方で、チーム防御率はリーグ3位を誇っています。

この優れた成績は、投手陣の力強いパフォーマンスと組織力の向上を物語っており、今後の成功に向けた大きな希望を提供しています。安定した投手陣は、チーム全体の自信に繋がります。

上沢投手がポスティングでメジャー挑戦を明らかにしていますが、加藤選手の引き留め成功や山崎選手のFA獲得によって24年シーズンも投手陣の安定が期待されます。

チーム打率最下位

去年に引き続き、チームは打率最下位に甘んじていますが、その差はわずかです。

この事実は、チームのポテンシャルを示唆しており、次なるステップへの進化の可能性を秘めています。僅差の結果は、今後の改善と発展のための土台となり得るでしょう。

新庄監督3年目のシーズン

最下位に低迷する中でも、新庄監督のもたらすポジティブな影響は明らかです。チームの雰囲気改善や若手選手の台頭は、来る2024年シーズンへの期待を高めています。新庄監督のリーダーシップと戦略が、来年の成果へと結実することが楽しみです。

【2024年】日本ハムファイターズの注目ポイント

2024年の日本ハムのオーダーを予想するうえでキーとなったポイントをご紹介します。

正捕手の確立

チームの中心となる正捕手の座を巡る競争が、今シーズンの大きな焦点となっています。特に、圧倒的な打力で知られるマルティネス選手の存在は、他の捕手陣にとって大きな挑戦です。彼は、その強打でチームを引っ張ることが期待されています。

一方、昨シーズン終盤に出場機会を増やした田宮裕涼選手も、注目に値する選手です。彼は限られた打席での出場ながらも、バッティングで印象的な成績を残しました。さらに、スローイング能力においても特筆すべき技術を持っており、安定したバッティングが続けば、スタメン入りも十分に考えられるでしょう。

また、今年のドラフトで獲得した上武大学出身の進藤勇也捕手に対する期待も高まっています。ただし、捕手がプロ入り初年度からレギュラーを獲得することは稀であり、彼には一定の時間が必要とされるでしょう。今シーズン、彼らがどのようにチームに貢献し、正捕手の座を争うのかが見どころの一つです。

若手の更なる躍進

今シーズンのファイターズにおける最大の焦点は、期待される若手選手たちの活躍でしょう。特に規定打席に達した4名の選手は、打撃面での貢献度が非常に高く、チームの戦力として重要な役割を果たしています。中でも、万波選手は守備でも高い評価を受けており、チームにとって不可欠な存在となっています。

清宮幸太郎選手も、わずかに規定打席に達しなかったものの、上位4名の選手と比較しても劣らない優れた成績を残しており、今後のさらなる活躍が期待されます。また、若手の奈良間大己選手や、ドラゴンズから移籍してきた郡司裕也選手も、控え選手として十分な成績を残し、チームの強化に貢献しています。

さらに、金足農業高校のエースとして甲子園で輝かしい成績を収めた吉田投手の移籍は、多くのファンにとって衝撃的なニュースでした。彼の投球が今シーズンのファイターズの成績にどのような影響を与えるのか、非常に注目されています。

2024年の日本ハムの開幕スタメン/ローテーション予想まとめ

運営者情報

運営者

運営者
元高校球児、巨人ファン

小中高大と野球部に所属。高校時代は関東優勝を経験。

大学時代には現役として準硬式野球をやりつつ、学生コーチとして県大会優勝、関東大会準優勝を経験。

現在は巨人ファンとして毎年10試合以上は現地観戦。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次