【2024年】ソフトバンクの開幕スタメン/ローテーション予想を紹介!

ソフトバンク 2024年 開幕スタメン予想

2023年シーズンが終わり、オフシーズンに入りました。ドラフト会議やFAといった戦力補強が活発に行われる中、各球団の来季戦略が多くの方から予想されております。

当サイトでも、2024年のオーダー予想、そしてローテーション予想をまとめました。この記事をご覧いただくあなたと同じ1野球ファンの意見としてご参考いただけますと幸いです。

【DAZN契約するなら、moppy経由で!】
基本的にプロ野球をはじめとしたスポーツ観戦はDAZNで事足りますが、契約の際はmoppy経由で行いましょう!そのまま契約しては正直「損」です!
>>https://pc.moppy.jp/
上記リンクからmoppy登録するだけで、プラスで500円もらえるため、是非!

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
目次

2024年のソフトバンクの開幕スタメン予想!

ソフトバンク 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番周東佑京0.2412
2番三森大貴0.2605
3番柳田悠岐0.29922
4番近藤健介0.30326
5番中村晃0.2745
6番栗原陵矢0.23913
7番ウォーカー0.2636
8番今宮健太0.2559
9番甲斐拓也0.20210

巨人から獲得したウォーカーを是非DHで起用していただきたいです。昨シーズンの成績が確変ではなければ、近藤が4番としてシーズンを通して活躍する可能性もあると考えています。

一時代前の川崎本田といったリードオフマンになれるような可能性を秘めた選手も多く、中長距離に打てる打者も多いです。

グラシアル、デスパイネといった黄金期には必ず外国人の好打者がいました。黄金期再到来させるためにも、新外国人選手の獲得に期待しています。

もし山川の加入が決まった場合、4番ファースト山川で先発起用される可能性が高いでしょう

ローテーション予想

選手名防御率
石川柊太4.1548
有原航平2.31105
大関友久2.9257
和田毅3.2486
東浜巨4.5267
板東湧梧3.0454
スチュワート・ジュニア3.3836
モイネロ

モイネロが24年シーズンは先発に転向するといった情報が各情報機関で報道されています。もしモイネロが先発への配置転換となり、ハマった場合はかなり先発陣が安定するでしょう。

また、黄金期を支えたクローザーである森投手を自由契約するなど、投手陣には余裕があるオフの動向を感じました。

2023年のソフトバンクの振り返り

来シーズンを迎えるにあたって、まずは23年のソフトバンクについて総括いたします。個人的に考えるピックアップ項目についてまとめました。

近藤と有原の活躍

2022年オフ、福岡ソフトバンクホークスはFA市場で大型補強を敢行しました。その中で特に注目されるのが、近藤選手と有原選手の獲得です。近藤選手は本塁打と打点の2冠王に輝き、有原選手は2桁勝利を挙げるなど、チームに大きなインパクトを与えました。

特に、柳田選手以外に打線の軸が不在だったチームにとって、30歳の近藤選手の加入は大きな意味を持ちます。また、千賀選手の穴を有原選手がある程度埋めることができ、これは長期的な視点で見ても重要な補強と言えるでしょう。

近藤選手の本塁打・打点のキャリアハイは驚いたファンも多かったのではないでしょうか。

若手の起用

ソフトバンクの補強には、若手選手の出番が奪われるという批判がありますが、実際にはそうではないようです。近藤、有原、オスナの加入は若手選手のチャンスを減らすどころか、むしろチーム全体のレベルアップに寄与しました。

加えて、球団は森や嘉弥真、上林といった一時代を築いたが現在成績が振るわない選手を構想外にすることで、若手の出番を確保し、チームの質を高める努力をしています。これは、長期的な視点で見ても、球団にとって正しい戦略だと言えるでしょう。

投打の下振れ

2023年シーズンのホークスは、なぜオリックスに大差をつけられ3位に終わったのでしょうか。その答えは、投手陣と打線の予想外の下振れにあります。

特に先発投手陣では、大関と藤井の故障が痛手となり、チームの計画が狂いました。また、野手陣では、所謂左右病という起用法の疑問点が残り、一部の選手の怪我や不調も影響しました。結局、既存戦力が予想された通りの成長曲線を描くに至らず、これが敗因となったと考えられます。

【2024年】ソフトバンクの注目ポイント

2024年のソフトバンクのオーダーを予想するうえでキーとなったポイントをご紹介します。

一塁手を誰が守るか

2023年シーズンにおける福岡ソフトバンクホークスの一塁手の成績は、12球団中最下位となるWAR -1.3を記録しました。このポジションを主に守った中村選手ですが、長打力が重視される一塁手としての役割において、本塁打はたったの5本に留まり、安定した成績を残すには至りませんでした。一塁手としての彼のパフォーマンスは、チームの戦力に大きな影響を与えるものです。

こうした状況の中、西武ライオンズの強打者、山川穂高選手の獲得は、ホークスにとって大きなチャンスとなるでしょう。山川選手は長打力に優れ、一塁手としての守備も堅実です。彼を迎え入れることで、ホークスの打線は大幅に強化され、新たな勝利の道が開ける可能性が高まります。山川選手の加入が実現すれば、ホークスの一塁手ポジションは、劇的な変貌を遂げることになるでしょう。

ウォーカーの加入

2023年6月6日、福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツは、両球団間での注目すべきトレードを発表しました。このトレードでは、ソフトバンクの高橋礼投手(28歳)と泉圭輔投手(26歳)が巨人へ移籍し、代わりに巨人からアダム・ウォーカー外野手(32歳)がソフトバンクへ加入することになりました。ウォーカー選手は昨シーズン、23本の本塁打を放つなど長距離ヒッターとしての力を示しました。

このトレードは、ソフトバンクにとって大きな意味を持ちます。チームは今シーズン、右打ちの強力な打者を求めており、ウォーカー選手の加入によりその課題を解決できると期待されています。新監督の小久保裕紀氏(52歳)は、ウォーカー選手の新天地での活躍に高い期待を寄せています。ただし、ウォーカー選手の打撃成績は、既存の選手である柳町選手と大きく変わらないものです。守備面での貢献も重視されることから、彼は代打や指名打者(DH)としての起用が中心になる可能性があります。

このトレードは、NPB(日本プロ野球)の両チームにとって戦略的な意味合いを持ちます。ソフトバンクは打撃力の向上を図り、巨人は若手の投手を手に入れることで投手陣を強化することができます。今後の両チームの動向が注目されるところです。

モイネロの先発変更

ソフトバンクは、2023年シーズンにおいて先発投手に苦戦を強いられる一方で、リリーフ陣は質・量共にリーグトップクラスであると言えます。特に、これまでチームのエースとして活躍してきた千賀滉大投手の不在が、今シーズンの12連敗を含む苦境の一因となっています。

こうした状況の中で、ホークスには重要な決断が求められます。一部報道によれば、リリーフエースのモイネロ選手と藤井選手の先発転向が検討されています。具体的には、チームが主力選手のオスナ選手を残留させ、バウアー選手の獲得に失敗した場合、両投手の先発転向が必要になるでしょう。それ以外の場合でも、少なくとも一方の先発転向は必須と考えられます。

モイネロ選手と藤井選手は、ホークスの投手陣の中でも特に能力が高く、将来のエースとしての潜在力を持っています。万が一、先発としての成績が期待に応えられなかった場合でも、彼らをリリーフに戻すことは容易です。このような戦略は、リスクが低く、高いリターンが期待できると言えるでしょう。

2024年のソフトバンクの開幕スタメン/ローテーション予想まとめ

ソフトバンク 開幕スタメン予想 2024
選手名打率本塁打
1番周東佑京0.2412
2番三森大貴0.2605
3番柳田悠岐0.29922
4番近藤健介0.30326
5番中村晃0.2745
6番栗原陵矢0.23913
7番ウォーカー0.2636
8番今宮健太0.2559
9番甲斐拓也0.20210
オーダー予想
選手名防御率
石川柊太4.1548
有原航平2.31105
大関友久2.9257
和田毅3.2486
東浜巨4.5267
板東湧梧3.0454
スチュワート・ジュニア3.3836
モイネロ
ローテーション予想

運営者情報

運営者

運営者
元高校球児、巨人ファン

小中高大と野球部に所属。高校時代は関東優勝を経験。

大学時代には現役として準硬式野球をやりつつ、学生コーチとして県大会優勝、関東大会準優勝を経験。

現在は巨人ファンとして毎年10試合以上は現地観戦。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次