サイト開設いたしました!

【2023年】東京ヤクルトの開幕スタメン/投手ローテーションを徹底予想!

ヤクルト 開幕スタメン予想 2023

2022年シーズンが終わり、2023年シーズンに向けての準備期間に入りました。

そこで本記事では、各球団の開幕スタメン/先発ローテーションを予想してみました。

東京ヤクルトスワローズの開幕スタメンや、2023年のポイントとなる部分が気になる方は是非記事をご覧ください。

12球団それぞれでまとめているため、是非他の記事もご覧ください!

目次

2023年の東京ヤクルトスワローズ開幕スタメン予想!

2023年 東京ヤクルトスワローズ 予想スタメン
選手名打率本塁打
1番塩見泰隆.27616
2番山崎晃大朗.2582
3番山田哲人.24323
4番村上宗隆.31856
5番オスナ.27220
6番サンタナ.27515
7番中村悠平.2635
8番長岡秀樹.2419
9番

ヤクルトはリーグ2連覇を果たしていることもあり、大きくスタメンの変化はされないと予想します。

ショートの武岡選手や外野の宮本選手、ドラフト3位の澤井廉選手など控えの野手も強力です。個人的には、日本シリーズでも大活躍した内山壮真選手に期待しています。

ライバルの中村選手は侍ジャパンに選ばれていることもあり、非常に強大ではあります。

去年は不調だった山田哲人選手がどれだけ復調できるかもキーです!

投手ローテーション予想

投手防御率
小川泰弘2.8288
高橋奎二2.6382
高梨裕稔4.3079
奥川恭伸2.2500
石川雅規4.5064
原樹理4.8587
サイスニード3.5496
エスピナル(新)
小澤怜史4.1121
吉村貢司郎(新)
2022年シーズン

新外国人のエスピナル投手やドラフト1位の吉村貢司郎投手がどこまでローテーションに絡んでくるかは期待ですが、小川選手や高橋投手など投手陣は充実しています。

去年の成績をみると、規定投球回に達したのはエースの小川投手のみです

2022年の東京ヤクルトスワローズ振り返り

攻撃陣

選手名打率打数安打本塁打打点OPS
村上宗隆.318487155561341.168
塩見泰隆.2765081401654.797
オスナ.2724961352074.751
山田哲人.2434691142365.790
長岡秀樹.241511123948.610

ヤクルトでは5人の選手が規定打席に到達しました。

やはり村上選手の記録は、2022年のヤクルトをリーグ制覇に導いた立役者ですね。

上記には記載されておりませんが、侍ジャパンにも選出された中村選手や日本シリーズで活躍した内山選手など、規定打席には到達していない選手であっても目立つ活躍をした選手が多いですね。

投手陣

選手名防御率勝利敗北勝率投球回奪三振
小川泰弘2.8288.500153.191
サイスニード3.5496.600132.196
原樹理4.8587.533107.252
高梨裕稔4.3079.438102.284
高橋奎二2.6382.800102.2113
石川雅規4.5064.60084.039

2桁勝利を挙げた投手はいません。しかし、清水投手やマクガフ投手などの後ろの投手陣が強力です。

守備陣

ポジションUZR
全体0.9
投手-1.4
捕手2.7
一塁手-3.0
二塁手2.3
三塁手4.1
遊撃手10.1
左翼手-9.6
中堅手4.1
右翼手-1.3

UZR(Ultimate Zone Rating)とは、同じ守備機会を同じ守備位置の平均的な野手が守る場合に比べて、どれだけ失点を防いだかを表す守備の評価指標

上記の通り、ヤクルトは安定した守備を誇ります。やはり野球はエラーをしたチームが負けますね。

9ポジションのうち、-10を超えるポジションはなく、マイナスも4ポジションだけとなっています

【2023年】東京ヤクルトスワローズの注目ポイント

三冠王 村上宗隆

2022年シーズンは「令和初の三冠王 村上宗隆」がチームを牽引したことは間違いありません。

その村上選手にチャンスで回した塩見選手や山崎選手、山田選手なども健在ですし、22年シーズンのようなランナーをためた状態で村上選手に回す攻撃ができれば、得点力は凄まじいことになるでしょう。

村上選手の今年の活躍は「確変」ではなく「実力」であることはファン目線強く感じました。そのため、来年の成績もある程度計算した編成をヤクルトフロントは考えているでしょう。

抑え(クローザー)

ヤクルトで近年抑えとして活躍し、22シーズンは38セーブを挙げたマクガフ投手が退団しました。

そのため、23年シーズンは誰が抑えを務めるかが1つのキーポイントになってきます。

過去に抑えを経験した石山投手はたまた新外国人投手になるか、抑えのピースがはハマれば3連覇も充分に考えられるだけの戦力です。

レフト

UZRからもわかるように、他球団と比較してレフトのポジションの数値が高くありません。

そのため、レフトに確変の選手やルーキーの澤井選手が組み込めるかどうかがポイントになってきます。

東京ヤクルトスワローズの開幕予想スタメンまとめ

選手名
1番塩見泰隆
2番山崎晃大朗
3番山田哲人
4番村上宗隆
5番オスナ
6番サンタナ
7番中村悠平
8番長岡秀樹
9番小川泰弘

上記のような予想をしてみました。キャンプで怪我などがなく、順調に調整することができれば、三連覇するための戦力は充分に揃っているでしょう。

今年、攻撃の軸として活躍した村上選手が23年シーズンどこまで活躍するか、そして抑え(クローザー)投手をはめることができるのかの2点が三連覇へのカギになると予想しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次