サイト開設いたしました!

野球のパスボール(捕逸)/ワイルドピッチ(暴投)の違いや記録を解説!

ワイルドピッチ パスボール 違い

ランナーがいる状態で、投手が投げたボールを捕手が後ろに逸らした場合、基本的にランナーは進塁することができます(インプレー中の進塁は自由)。

そこで本記事では、上記の状態で記録される2種類の表現(パスボール、ワイルドピッチ)をそれぞれ紹介します。

事例を交えてそれぞれの違いを紹介しているため、是非最後まで記事をご覧ください。

目次

パスボール(捕逸)とは

投手 フリー

パスボールとは、取れるはずのコースのボールを捕手が後ろに逸らした際に記録されるプレーです。

普通の守備でなら保持することができたと思われる投手の正規の投球を、捕手が保持または処理しないで、走者を進塁させたときには、捕手に捕逸が記録される。

出典:公認野球規則9.13(暴投・捕逸)

つまりは、捕手のエラーに対して記録されるのが「パスボール」です。

注意点

パスボールはあくまでミスした際に、走者が進塁した段階で記録されます。

そのため、ランナーがいない場合にはパスボールは記録されません。

ランナーなしの状態の場合、キャッチャーが拾いにいかない場面があると思います!

ワイルドピッチ(暴投)とは

投手の正規の投球が高すぎるか、横にそれるか、低すぎたために、捕手が普通の守備行為では止めることも処理することもできず、そのために走者を進塁させた場合には、暴投が記録される。
また、投手の正規の投球が、捕手に達するまでに地面やホームプレートに当たり、捕手が処理できず、そのために走者を進塁させた場合にも、暴投が記録される。

出典:公認野球規則9.13(暴投・捕逸)

ワイルドピッチとは、捕手が明らかに取ることができないボールに対して記録されます。

そのため、フォークボール(落ちる系の変化球)やすっぽ抜けがワイルドピッチとして記録されやすい傾向にあります。

パスボール同様、結果としてランナーが進塁してしまったときに限って記録されます。

パスボールとワイルドピッチの違い

用語概要
パスボール捕手のエラー
ワイルドピッチ投手のエラー

つまり、バッテリー間のミスによってランナーが進塁してしまった場合、捕手責任か投手責任かで用語が変わります。

どちら側にエラーの記録がされるかに注目することで、両者の違いが理解しやすいでしょう。

自責点の記録

用語自責点
パスボール×
ワイルドピッチ

また、自責点についてもワイルドピッチは記録されます。パスボールは捕手のエラー。つまり味方守備のエラーになるため、投手の責任による失点である「自責点」には記録されません。

三振振り逃げの場合【暴投】

バッターが空振り+暴投になった場合、振り逃げでランナーが出塁することができます。

その際は「三振」と「暴投」が記録されます。つまり、三振が記録されたにもかかわらず、アウトカウントは増えていない状況です。そのため、1イニング4三振のような記録がされることもあります。

・第3ストライクが暴投となり、打者が一塁に生きた場合は、三振と暴投を記録する。

・第3ストライクが捕逸となり、打者が一塁に生きた場合は、三振と捕逸を記録する。

出典:公認野球規則9.13(暴投・捕逸)

ちなみに、1イニング5奪三振もルール上は可能ですが、記録者は存在しません!

パスボール/ワイルドピッチの過去記録

パスボール

リーグパスボール数選手名
パ・リーグ17野村克也
セ・リーグ17若菜嘉晴

過去最高のシーズン記録は両リーグともに「17」です。

ちなみに2022年シーズンの最多パスボールは曾澤選手の「5」になります。年々、野球レベルが向上していることがパスボールの記録推移から推察できます。

ワイルドピッチ

リーグワイルドピッチ選手名
パ・リーグ25新垣渚
セ・リーグ20石井一久

2022年シーズンは、益田投手の8つが最多記録となりました。

ワイルドピッチ数の減少からも、投手レベルの向上が推察できますね。

パスボール/ワイルドピッチまとめ

パスボールとは、取れるはずのコースのボールを捕手が後ろに逸らした際に記録されるプレーです。一方でワイルドピッチとは、捕手が明らかに取ることができないボールに記録されます。

パスボールは捕手のエラー、ワイルドピッチは投手のエラーと考えると理解しやすいと思います。

また、ワイルドピッチは投手によるエラーのため、自責点が記録されます。一方でパスボールは、捕手のエラーになるため、投手の自責点には含まれないこと注意しましょう。

パスボールやワイルドピッチは年々その記録数が減ってきています!野球レベルの向上が分かりますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次